スクラブの白衣が選ばれている理由|ジャブジャブと洗濯

医師

女性に嬉しい

女性

スクラブは医療用ウェアとして、多くの医療現場で着用されています。スクラブという言葉の語源は、ゴシゴシと洗うという意味からもある通り、洗濯しても丈夫で使い勝手が良いということから人気となっているのです。医療用のスクラブとしては、吸水性に優れていて、さまざまな工夫が施されたタイプのスクラブが支持を集めているといいます。有名スポーツメーカーがトップアスリートのために開発したテクノロジーを駆使して製造された医療用スクラブは、特に評価が高く、多くの医師やナースなど愛されているといいます。動きやすく、速乾性があるなど、高性能である素材は人気の理由としては当然ですが、ほかにも医療用ならではの工夫が見られるといいます。例えば、医療の現場ではPHSが使用されてることが多いですが、PHSをサッと取り出しやすく、しまいやすいというポケットが特徴のスクラブが高評価だといいます。PHSが落としにくい構造になっているので、PHSを落として壊してしまう心配もなく、安心です。ほかにも、女性であれば、身をかがめたときに心配になる胸元や腰元をカバーするようなスクラブが人気になっています。患者さんの手当てや処置をしているときに、女性スタッフが着ているスクラブの胸元や腰元が開いてしまうことは珍しくありませんでした。そのため、下に肌着を着るなど対策をする必要がありました。しかし、最初から対策が施されているタイプであれば、下着が見えてるような事態も避けられます。患者さんやドクターも目のやり場に困る心配もありません。このように女性スタッフの悩みを解消するようなスクラブもヒット商品となっているようです。